林敏弘のピンホールカメラの仕組みと制作をやさしく解説したページ。本人のピンホール写真作品ギャラリーへは日本語トップページへのリンクボタンからどうぞ。

to JPN top page

ピンホールカメラを作ってみよう

ご質問は
(小さいウィンドウが開きます)

最終更新日: 2016-08-15

 



林 敏弘写真展『流れる時間と遊ぶ光』 2016年8月1日(月)〜8月13日(土) 終了。たくさんのご来場をありがとうございました。

銀塩モノクロームピンホール写真やデジタルピンホール写真の新作を追加掲載しています。(更新 2016-04-23)

目   次

 
1. ピンホールカメラの仕組み

 

・なぜ写るのか  ・レンズとどう違うのか  
   
2. ピンホール(針孔)を作ろう
   
3. 紙箱でピンホールカメラを作ろう(工程別の図付き)
   
紙箱ピンホールカメラで撮ったピンホール写真のサンプル 
   
4. 空き缶でピンホールカメラを作ろう
  ・作業工程写真付  ・テスト撮影画像付
   
5. 撮影してみよう 
   
6. 印画紙の現像とポジの作り方
 
7. 1)作者の実際の作品メニューへ  

 2)自薦ベスト40作品 (目次1目次2)

 
8.

ピンホール写真の魅力について  作者のエッセイのページへ 

 
9-1. 多孔式缶カメラをつくってみました。 
 
10. デジタル・ピンホールカメラで遊ぼう   NEW
 
※ メインページの更新日 2016.08.15

 

ピンホール写真の本を出版しました。
Amazonや全国書店で。
発売日:2015年11月28日

booktitle

 

Toshihiro Hayashi
Facebook

 

twitter (Twitter @toshi_photo)

このページは個人がご本人のために参考にするページです。
無断使用、無断転載は一切お断りいたします。
個人以外の、組織、団体、学校でご利用されたい場合は、必ずメール(上段右にボタン)にて著者の許可を得てください。

copyright © 2002 Toshihiro HAYASHI all rights reserved.